千葉 デザイン住宅 おすすめ
千葉であなただけのデザイン住宅を建ててくれる建築家3選
デザイン住宅建築ガイド【千葉編】 » 千葉県で人気の街の住みやすさまとめ

千葉県で人気の街の住みやすさまとめ

SUUMOの人気エリアランキングを参考に、千葉で人気の船橋市、市川市、柏市、松戸市、流山市について情報を集めてみました!交通の便やショッピング事情、環境などの面から千葉で家を建てるのにおすすめの街を紹介します。

※参考サイト:https://suumo.jp/ikkodate/chiba/

船橋市

船橋 駅前

引用元:鎌ケ谷船橋あたり(http://atari-kamafuna.com/2017/09/16/funabashieki_minamiguchi_ekibiru/)

船橋は、1960年頃に始まった団地開発によって都内から多くの人が移住し、大きな街となった歴史があります。鉄道のアクセスも充実しているため、ベッドタウンとして栄えている都市です。

鉄道はJR総武線快速、中央・総武線各駅停車、武蔵野線、京葉線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道、京成本線、新京成線、北総鉄道、東武野田線と多くの路線が乗り入れていて、交通の便には困りません。都内へ買い物に行くのも楽ちんですね。

船橋駅近くには「東武百貨店」「西武百貨店」があり、少し歩いたところに「ららぽーと東京ベイ」「イオンモール船橋」というショッピングモールがあり、大抵のものはここで揃います。また、駅直結の「シャポー船橋」という商業施設もあるので、仕事帰りに立ち寄ることもできます。お買い物には不便しない街ですね。

また、船橋駅から程近くには「船橋市地方卸売市場」があるので、新鮮な魚や野菜を買うことができます。

船橋には「ふなばしアンデルセン公園」という公園があります。アスレチックや遊具、美術館、動物と触れ合える広場など、東京ドーム約6個分の広大な敷地を持つ公園です。自然がいっぱいの環境ですので、子育てにおすすめです。また船橋市は、中学校3年生までが入院医療費の助成対象となりますし、保育所への送り迎えや、買い物で外出しているときや保育所が開くまで子供を一時預かってくれるサービスなどもあるので、やはり子育て世代には特におすすめの街ですね。

船橋市の地価は1平米あたり17.5万円ほどで、千葉県内では3位の上位に入る地域です。

賃貸で物件を借りる場合は、ワンルームなら5万円ほど、ファミリータイプの3LDK以上なら10万円以上が相場になります。

利便性が高く、商業施設も豊富なので住みやすい地域ですが、その分人口密度が高めで、渋滞なども起こりやすいというデメリットもあります。

ただ、鉄道も豊富に乗り入れているので、電車移動がしやすく、不便さを感じることはないでしょう。

都心にも出やすいので、都内で働いている人や学校に通っている人など、さまざまな人にとって便利で住みやすい地域です。

賃貸物件はファミリータイプなら割安になるので、家を建てるまでは賃貸で住むのもいいかもしれません。

市川市

市川 駅前

引用元:Rooch(http://blog.ieagent.jp/itikawahitorikurashi-37001)

葛飾区や江戸川区と、江戸川をはさんで向き合う場所に位置する市川市。都内とほど近いということが大きな魅力です。JR総武線や京葉線・武蔵野線、東京メトロ東西線、北総線、京成本線が通り、“市内全域が最寄り駅から2km圏内”という交通網の発達した街となっています。都心までも約20分でアクセスできるため、都内のベッドタウンとして栄えてきました。

市の中心を担うのは、市川駅(商業面)と本八幡駅周辺(行政面)。市川駅には駅ビルや大型スーパーなど大きな商業施設が並び、都市機能の充実により住宅地として発達している一方で、豊かな自然も多く残っています。

本八幡の近くには映画館も入っている、中規模なショッピングモール「ニッケコルトンプラザ」がありますし、市川駅直結の「シャポー市川」があるのでお買い物にも便利です。「MEGAドンキホーテ」もあるので、必要なものは何でも揃います。

市川は自然が豊富で公園も多いです。市川市動植物園、里見公園や、アスレチックがたくさんある「あいのみコース」などがあり、自然の多い環境で子供を育てられます。

また「子育てナビ」という、保育園・幼稚園探しのサポート窓口があり、教諭免許を持つ職員さんから、それぞれに合った情報をナビゲートしてもらえます。千葉のなかでも保育園の数も多いですので、子育てには最適な環境だといえるでしょう。

市川市の地価は1平米あたり24.7万円ほどで、千葉県内では2位の上位でかなり地価が高い地域です。

賃貸で物件を借りる場合も、ワンルームで5.7万円ほど、ファミリータイプの3LDK以上なら12万円以上が相場になり、千葉県内のほかの地域と比べて家賃も高めになっています。

面積が小さい割に人口が多いので人口密度が高く、高級住宅街の部類に入ると言えるでしょう。

東京都に近く、交通の便もいいですが、住宅地は静かで住みやすくなっています。
駅前に行けば多くの商業施設がそろっているので買い物も便利で、人気のエリアです。
十分な広さの土地が確保できれば、これから家を建てるのに最適の地域となるでしょう。

柏市

柏 駅前 画像

引用元:日本全国冒険紀行(http://kshun100.blog.fc2.com/blog-entry-128.html)

利根川をはさんで茨城県取手市、守谷市と対峙する千葉県北部の柏市。JR常磐線快速・各駅停車、つくばエクスプレス、東武アーバンパークライン(野田線)が走っており、東京駅までは30分ほどでアクセス可能です。利便性の良さから、都内のベッドタウンとして発展してきました。

市の中心となっている柏駅周辺には、「高島屋」「柏モディ」「マルエツ」などの老舗百貨店、スーパーマーケットなどの商業施設があります。市内には、「ららぽーと柏の葉」「モラージュ柏」「セブンパークアリオ柏」などの大型ショッピングモールがあるので、都内に出なくてもお買い物を十分楽しめます。飲食店もチェーン店以外に個人経営のお店がたくさんあり、グルメも楽しめます。

市が待機児童ゼロを目指す政策を行ったことで、保育園も増加傾向にあり、幼児のお子様のいらっしゃるご家庭でも住みやすいと評判です。「柏の葉公園」や「あけぼの山公園」などの公園がたくさんあり、駅から少し離れるとのどかな風景が広がっており、子育てにもおすすめ。

また、柏の葉地区には東京大学や千葉大学のキャンパスがあり、学園研究都市としても知られており、教育環境は整っているといえるでしょう。

柏市の地価は1平米あたり15.5万円ほどで、千葉県内では比較的地価が高めの地域になります。

賃貸で物件を借りる場合は、ワンルームで4.6万円ほどになり、千葉県内でも安い部類になるので、一人暮らしもしやすいエリアです。ファミリータイプの3LDK以上でも10万円以上が相場になるので、千葉県内の相場より少し安めになっています。

家を建てるまでの仮住まいとして、賃貸物件を借りるのもいいでしょう。

面積が広いので人口密度も高くなく、緑が豊富でのびのびと暮らせる地域です。

土地が広い分、駅まで距離がある場合もあるので、家を建てる場合には交通手段を確保できるか検討した方がいいでしょう。

駅の周りには商業施設が豊富で、鉄道での移動も便利でいろいろな方面に行きやすいので、移動手段があれば駅から少し離れて静かな環境で暮らすのもおすすめです。

松戸市

松戸 駅前

引用元:Mapio.net(http://mapio.net/pic/p-11582916/)

江戸川をはさんで葛飾区と隣接。市内にはJR常磐線・武蔵野線、東京メトロ千代田線、新京成線・北総線、東武野田線、流山鉄道が通り、上野駅までは20分、東京駅までは30分でアクセス可能な立地なので交通の便がとてもよいです。

松戸駅前には伊勢丹、アトレ、ダイエー、ジュンク堂、無印良品、ユニクロ、ABC-MART、ヤマダ電機、ニトリなどなど、とても多くのお店があるので、松戸から出る必要がありません。

松戸市は、とても子育てしやすい街です。日経DUALによる『共働き子育てしやすい街2017 総合ランキング』では、なんと6位にランクイン!東京を除いた全国のランキングでは、全国1位を獲得したのです。
(日経DUAL:http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/112100026/112100001/)

この理由としては、子育てサポートと認可保育園の充実度や市のサポートがあげられるでしょう。子育てコーディネーターへの相談ができる「おやこDE広場」という場は、子供の遊び場やママ同士のコミュニケーションの場として好評です。また「子ども医療費助成制度」や「ファミリー・サポート・センター」など、市をあげて子育て支援をしているので、お子様のいらっしゃる方には特におすすめしたい街です。

松戸駅近くには、「松戸中央公園」という広い公園がありますし、もう少し歩くと日本の歴史公園100選にも選ばれている「戸定が丘歴史公園」があります。古民家も多いですし、「矢切の渡し」もあり、歴史を感じられます。

補足ですが、梨の産地としても知られており、県内2位の生産量を誇るほか「20世紀梨」の発祥の地としても有名です。

松戸市の地価は1平米あたり17.5万円ほどで、千葉県内では上位に入る地価が高めの地域です。

賃貸で物件を借りる場合は、ワンルームで4.6万円ほどになり、千葉県内でも安い部類になっています。ファミリータイプの3LDK以上だと11万円以上が相場になるので、千葉県内の相場だと平均的な家賃となっています。

東京都に隣接しているので交通の便が良く、人気のエリアで人口密度も少し高めです。 駅から離れると静かな住宅地になるので、住みやすい地域でありながら都内や神奈川、埼玉への通勤・通学にも便利です。

いろいろな方面に行きやすいので、年代の異なる家族住まいでも不便がないでしょう。

流山市

流山 画像

引用元:comolib(https://comolib.com/places/11307)

千葉県北西部に位置し、利根運河や江戸川が流れる「水辺の街」として水運が盛んだったことで知られる街です。都心へのアクセスもよく、つくばエクスプレスを利用すれば秋葉原に20分で行くことができます。いまでは「都心から一番近い森のまち」を謳っています。

ベッドタウンであり住宅が多いですが、百貨店やショッピングモールはあまりありません。ですが、おおたかの森駅近くに「流山 おおたかの森 ショッピングセンター」があります。

「諏訪神社」や「赤城神社」などの神社や「近藤勇陣屋跡」など新選組縁の場所があるので、ゆっくりと歴史を感じられるのがよいですね。

流山市の地価は1平米あたり12.6万円ほどで、千葉県内では平均よりも高めですが、比較的購入しやすいお手頃価格となっています。

賃貸で物件を借りる場合は、ワンルームで4.7万円ほどになり、千葉県内でも安い部類ですが、ファミリータイプの4LDK以上だと13万円以上が相場となっており、面積が広いと千葉県内の平均より高めの家賃となっています。

新興住宅地なので新しい家が多く、街並みがきれいで、これから家を建てるのに適しているエリアです。ただ、駅から離れると商業施設が少なくなって少し閑散としてしまうので、車などで移動できる手段があったほうがいいでしょう。

地価がお求めやすい価格で住宅の平均的な面積が広めなので、広い土地を購入して大きな家を建てたい人にもおすすめです。

千葉であなただけの
デザイン住宅を建ててくれる
建築家3選
  • 空間を自在に操り開放感を演出。
    シンプルかつモダンなデザインが得意
    デザイン住宅 建築家 河野有悟

    建築家河野有悟

    引用元:M3 HOUSE - エムスリーハウス(http://m3house.jp/voice/01.html)
    河野有悟の建築を公式サイトで見る
  • ライフスタイルにマッチし、
    環境をうまく利用した家を設計
    デザイン住宅 建築家 小島広行

    建築家小島広行

    引用元:デ・ステイル建築研究所(http://kojima-style.com/portfolio_page/bridge-house)
    小島広行の建築を公式サイトで見る
  • 自然素材や木の質感を活かした、
    住む人にやさしい家をデザイン
    デザイン住宅 建築家 田邊正樹

    建築家田邊正樹

    引用元:Hello.inc(http://hello-chiba.me/works.html)
    田邊正樹の建築を公式サイトで見る