千葉 デザイン住宅 おすすめ
千葉であなただけのデザイン住宅を建ててくれる建築家3選

注文住宅を建てるときは打ち合わせが重要

注文住宅の打ち合わせの基礎知識

打ち合わせの重要性

注文住宅で納得のいく家づくりをするためには、ハウスメーカーや設計士などと綿密な打ち合わせをすることが非常に重要となります。

注文住宅は、施主の希望を取り入れて、デザインや設計などを一から作っていくものですので、建築士やメーカーが勝手に作っていくものではありません。

そのため、詳細な打ち合わせを何度も重ねて、図面やプラン図に施主の希望が反映されているか逐一確認しながら進めていき、「これで家を建てる」というところまで突き詰めて初めて建築の施工を進めることができるのです。

つまり、打ち合わせをしないままでは、いつまでたっても家を建て始めることができません。

しかし、いくら施主の希望と言っても建築基準法にそぐわない家を建てるわけにはいきませんし、設計上使いにくく現実的でないデザインにすることもできません。

建築士は施主の希望を最大限取り入れつつ、実現可能な設計図を作成し、それで施主が納得してもらえるように調整するので、長時間にわたる打ち合わせを何度も重ねていく必要があるのです。

打ち合わせのタイミング

打ち合わせをするタイミングは、業者の種類や家づくりの特徴などによっても異なります。

ある程度規格が定まっている場合には、どのプランを選ぶか決まってから詳細な仕様を決めていきますが、規格が決まっているのでそれほど打ち合わせでもめることもないでしょう。

それに対して、土地に合わせて一から設計していく注文住宅の場合は、土地に対してどれくらいの建ぺい率になるか計算して、どんな家にするか打ち合わせを始めます。

必要な間取りなどを聞き取ってから簡単なプラン図を作成し、気に入らないようなら描きなおして再度提案するので、この時点で複数回打ち合わせをする場合もあります。

プランが決定したら請負契約を結び、詳細な図面を作成して、細かな仕様や外観などを決めるために打ち合わせを重ねていきます。

構造計算もして検査も通って、建築可能な状態になったらようやく工事が開始されますが、工事が始まってからも変更したい部分があれば、随時打ち合わせをして細かい部分を修正する場合もあります。

何回打ち合わせをするの?

一から決めていく注文住宅の場合は、何回打ち合わせをするかは決まっていません。

もっとも少ない場合でも、契約前のラフプラン、契約後の詳細な設計を決める時、建築前の最終確認、建築中の修正、完成後の引き渡しなどで5回程度は必要になるでしょう。

人によっては、設計の仕様やデザインを決めるために、数時間の打ち合わせを何回も重ねることもあります。

特に、建築開始前の詳細を決めるのに時間がかかるので、玄関、リビング、キッチン、階段、外観、寝室など部屋ごとに打ち合わせ回数が必要な場合もあります。ですから、注文住宅の打ち合わせは、回数の上限はないと思った方がいいでしょう。

また、打ち合わせをする担当者と施主の予定を合わせなければならないので、施工開始までに時間がない時は十分な打ち合わせができない可能性もあります。

誰と打ち合わせをするの?

施主が打ち合わせをする相手は、ハウスメーカーの営業担当や設計担当、建築士、インテリアコーディネーター、現場監督などで、一人のスタッフがすべてを担う場合もありますが、それぞれ担当者が異なることもあります。

一人のスタッフがすべての打ち合わせを通して行う場合は、比較的スムーズに進みやすいですが、複数人に分かれる場合は施主の希望が正確に伝わらないこともあるため、言った言わないなどトラブルに発展する可能性もあります。

打ち合わせ時には、どんなことを話し合ったかメモなどにしっかり残しておき、前回の打ち合わせではどういうことが決定したか毎回確認しあった方がスムーズに進むでしょう。

また、営業担当と設計担当が同席して打ち合わせをすることもあります。打ち合わせでは担当者との相性も重要で、意見が合わなかったり希望が伝わっていないと感じる場合には、担当者を変えてもらえるよう相談してみるのもいいかもしれません。

理想の家を建てることができる打ち合わせのコツ

打ち合わせで決めることを事前に把握しておく

打ち合わせの時間が長引くのは、その場でどうするか決定できずに保留にしてしまうことが多いからです。

構造上の問題や立地によって、窓の位置やドアの向きを変更しなければならないことも出てくるので、突発的な変更にまで対処できないことも多くなります。 打ち合わせの予定を決める際に、どういうことを決めるかにも言及して、施主の方も把握しておくようにしましょう。

その場で決められなかったことは、後で家族内で相談して決まったことや聞きたいことがあるなら、随時電話やメールなどで相談すれば、次回の打ち合わせがスムーズに進みやすくなります。

間取りや仕様を変更した場合は、図面も修正しなければならないので、次回の打ち合わせまでに図面を完成させられるように、変更点は早めに伝えるようにしましょう。

自分の考えをしっかり伝えるために事前準備をしておく

打ち合わせでは、建築に関する専門的な用語や計算方法が出てくることもあり、なぜこの向きにできないのか、希望通りにならないのかということを理解しながら進めていかないと、納得できないままになってしまいます。わからないことはそのままにせず、その場で確認するようにしましょう。

実現できないこともありますが、まずはどうしたいかという希望をしっかり伝えるために、写真やイラストなどを持って行って相手に見せたり、どうしても譲れない部分を決めておくと、イメージ通りの家づくりがしやすくなるでしょう。

図面だけではわかりにくい場合は、壁紙や床材のサンプルなどを取り寄せてもらうこともできますので、気軽に相談してみてください。

予算と要望の折り合いをつける

いくら希望通りにしたいと思っても、材料費や工事の費用によっては、予算オーバーして不可能になることもあります。

希望を伝えるのと同様に、予算がどのくらいであるかを伝えて、範囲内で収まるように提案してもらえば、大幅にオーバーすることはなくなるでしょう。

たとえば、希望のドアが予算オーバーになってしまう場合でも、イメージや質感の似た材質のものを紹介してもらえれば、そこで折り合いをつけることもできます。

どうしても予算オーバーになってしまう場合は、これだけは譲れないという部分を決めておき、ほかの部分はコストを削っていくようにすれば後悔ない仕上がりになるでしょう。

デザインだけでなく、耐久性や使い勝手などを重視したい場合は、何を優先的に選ぶべきか打ち合わせの時に相談すれば、予算の割り振りも失敗なく進められるようになります。

相手はプロですので、過去の建築実績などから的確なアドバイスをしてもらえます。そのためにも、信頼できる業者を選んで、打ち合わせで何でも相談できるようにしておきましょう。

チェックリストを作成することも重要

注文住宅では決めることがたくさんあり、ひとつ決めたらまた次というようにきりがなく、ひとつのことにあまり時間を割いていられないのが現実です。

そのため、どんなことを決める必要があるか、最初に担当者に聞いてチェックリストを作るのもいいですし、建築系のサイトなどにある既成のチェックシートをダウンロードして利用するのもおすすめです。

ただ、メーカーによってどういう順番でどこまで決めるのかなどが異なりますので、打ち合わせの時に、担当者に相談するのが一番確実でしょう。

きちんと相談に乗ってくれる担当者ならば、決めることを書き出してくれたり、チェックリストを用意してくれたりしますので、一人で抱え込まずに気軽に相談できる関係性を作ることにも努めてみてください。

千葉であなただけの
デザイン住宅を建ててくれる
建築家3選
  • 空間を自在に操り開放感を演出。
    シンプルかつモダンなデザインが得意
    デザイン住宅 建築家 河野有悟

    建築家河野有悟

    引用元:M3 HOUSE - エムスリーハウス(http://m3house.jp/voice/01.html)
    河野有悟の建築を公式サイトで見る
  • ライフスタイルにマッチし、
    環境をうまく利用した家を設計
    デザイン住宅 建築家 小島広行

    建築家小島広行

    引用元:デ・ステイル建築研究所(http://kojima-style.com/portfolio_page/fortune-house)
    小島広行の建築を公式サイトで見る
  • 自然素材や木の質感を活かした、
    住む人にやさしい家をデザイン
    デザイン住宅 建築家 田邊正樹

    建築家田邊正樹

    引用元:Hello.inc(http://hello-chiba.me/works.html)
    田邊正樹の建築を公式サイトで見る